収納力アップ!新築一戸建てにロフト・屋根裏収納を設置するメリット|住宅にまつわるコラム Column

収納力アップ!新築一戸建てにロフト・屋根裏収納を設置するメリット

収納力アップ!新築一戸建てにロフト・屋根裏収納を設置するメリット

新築一戸建てを建てる際、ロフトや屋根裏収納を設置しようかと検討している方も多いと思います。

ロフトは収納スペースに利用できる他に、さまざまな活用方法があることをご存じでしょうか。ロフトや屋根裏収納をうまく利用して、広々とした空間づくりを目指しましょう。

ここでは、ロフト・屋根裏収納を設置するメリットについてご紹介します。

ロフト・屋根裏収納を利用して収納力アップ

ロフト・屋根裏収納を利用して収納力アップ

ロフトや屋根裏収納の最大のメリットは、収納スペースとして優れている点です。特に、ストーブやクリスマスツリー、鯉のぼりなど、季節用品をしまっておく場所として重宝します。

衣替えの際に、シーズンが終わった洋服をしまっておくことも良いでしょう。1年を通して使用しないものなどを、生活空間を邪魔することなく収納することが可能です。

基本的にロフトや屋根裏収納は、人の目に触れる機会がありません。そのため、急な来客があるような場合であっても、一時的にものを置けるため役立つでしょう。

また、空間が広く見えることもメリットの1つです。ロフトや屋根裏収納があることによって天井が高く見え、部屋に奥行きがでます。スペースをうまく利用して、広々とした空間づくりを行いましょう。

プライベート空間が作れる

プライベート空間が作れる

ロフトや屋根裏収納は、収納スペースとしてだけでなく、プライベート空間として利用することが可能です。ロフトや屋根裏収納をプライベート空間として保ち、下の階を生活空間として住み分けることによって生活にメリハリが出るでしょう。

書斎として利用したり、ヨガなど自分の趣味を行うスペースとして利用するなど、活用方法はさまざまです。自分なりの発想で、自由な空間づくりを楽しんではいかがでしょうか。

また、ロフトや屋根裏収納は子どもの遊び場としても最適です。秘密基地のような空間は、子どもの好奇心を刺激します。 子どもが大きくなるまで、子ども部屋や勉強部屋として活用する方法もおすすめです。小さな子どもにとって、ロフトや屋根裏収納の天井の低さは問題になりません。リビングやダイニングから見えるロフトの場合は、子どもの様子をすぐに確認できるため安心です。 子ども部屋として使用する際は、柵やネットなどを使用して子どもが下に落ちない工夫を必ず行ってください。

ロフト・屋根裏収納を設置する際の注意点

ロフト・屋根裏収納を設置する際の注意点

ロフトや屋根裏収納には数多くのメリットがありますが、使用する際の注意点もあります。設置する前に注意点をおさえておきましょう。

まず、温度管理に気を配る必要があります。ロフトや屋根裏収納は部屋の高い場所に位置しているため、空気の熱がこもりがちです。冬の寒い季節は快適に過ごすことができますが、夏は温度管理を行う必要があります。

窓を開けて通気性を高めたり、扇風機やシーリングファンを設置するなどして暑さ対策を行いましょう。 ロフトや屋根裏収納を収納スペースとして利用する場合は、日常的に使用するものはしまわないことをおすすめします。ものを取りに行く度に、はしごや階段を上るのは非常に面倒です。また、重い荷物やサイズが大きいものは、出し入れする際にけがをする恐れがあるため気を付けてください。

おわりに

ロフトや屋根裏収納の設置のメリットについてご紹介しました。

収納スペースが増えたり、プライベート空間を保てるなど、自分のライフスタイルに合わせて活用方法を変えることが可能です。ロフトや屋根裏収納をうまく利用して、生活環境をより快適なものにしましょう。

東栄住宅では、お客様の多様なニーズにお応えする「暮らし方」をご提案しております。ロフトや屋根裏収納がある住宅もご提供させていただいているため、ご検討されている方はぜひ一度ご相談ください。

東栄住宅のこだわり

耐震等級3のブルーミングガーデン物件検索はこちらから