ブルーミングガーデンは地震につよい

建物だけではない、
土地の品質にも安心を

私たちのミッションは、お客様に安心して暮らしていただける土地をご提供すること。
土地の品質を見極め、最適な造成計画と改良工事を実施します。

「土地の品質」にはモノサシがない!?

住宅の販売価格の大部分を占める土地。
しかし「土地の品質」については、客観的な指標がありません。

土地の品質に関して、『地盤が強固か』『土壌汚染されていないか』『水はけが良いか』『(ブロック塀等)工作物の倒壊の恐れがないか』など、建築基準法や土壌汚染対策法などの基準は存在しますが、建物のように「第三者による客観的根拠に基づいた指標」が整備されていません。

土地価格の内訳(全国)※出典・引用:住宅金融支援機構「2020年フラット35利用者調査」

土地には「安全に建物を建てられる」という品質が必要です。

そこで東栄住宅では、地盤に特化した造成部門を社内に設置し
お客様が安心して暮らせる土地をご提供するために、様々な取り組みを行っています

東栄住宅の取り組み ①ここまでやる!地盤のトリプルチェック体制

各セクションにおいて専門知識をもった有資格者が地盤調査結果を判定。
役割と責任を明確にしたトリプルチェックで評価体制を強化しました。

多層的かつ客観的に地盤の安全性を評価

  • 1次チェック

    地盤調査専門業者

    地盤調査

    地盤調査会社として
    責任をもって判定

  • 2次チェック

    地盤専門 東栄ランド

    地盤保証

    地盤保証会社として
    責任をもって判定

  • 3次チェック

    東栄住宅 造成部門

    最終判定

    住宅分譲会社として
    責任をもって最終判定

東栄ランドとのグループ体制強化。万が一の保証も万全です。

『安心して家を建てられる土地』にするための造成工事や地盤改良に関しては、有資格者を配置した造成部門がサポート。さらに、東栄住宅グループの地盤専門会社(東栄ランド)にも有資格者(住宅地盤技士等)を配置し、土地の品質を多層的かつ客観的に評価するためのトリプルチェックで体制を構築しました。

東栄住宅の取り組み ②全棟「地盤判定書」をお客様に交付※請負物件は含まれていません

東栄住宅では、お客様に安心していただくために、地盤調査・解析の結果を「地盤判定書」としてお渡ししています。地盤判定書には、調査にあたった担当者の氏名と所持資格がそれぞれ記載されています。

地盤判定書の交付は、東栄住宅造成部門ならびに東栄ランドの有資格者が責任を持って地盤調査に取り組むこと、東栄住宅グループとして地盤調査への全責任を持つことの証しでもあります。

東栄住宅の取り組み ③入念な地盤調査の実施

お客様に自信を持ってご提供できる地盤かどうか。
土地の仕入れ前から対象となる土地全体の地盤を入念に調査しています。

ペーパーロケーション(資料調査)全棟実施

資料や現場写真、古い地形図や地歴などを使用して、その土地がどのように利用されてきたのか、近隣の地盤はどうか、リスクの予兆はないか調査します。

おもな調査項目
高低差がある/既存物利用/盛土計画/旧暦水田/土壌汚染の懸念 など

土地によって調査のタイミングが異なります。多い時は1 現場につき●回も。懸念事項がある限り、調査を行い品質を担保します。

平坦な土地であっても、もとは水田で埋め立てた土地や、崖を切り崩した土地など、現状ではわからない土地形状を、資料や独自の自社物件データをもとに確認・分析します。

現地ロケーション

現地および現場周辺の状況、近隣の沈下状況などの確認

資料だけでは充分な情報が得られなかった場合、造成課のメンバーが現場に足を運んで、周辺環境や擁壁の状態、地盤沈下のサインが出ていないかなど、現場をくまなくチェックします!

地盤調査全棟実施

地盤調査(SWS試験他)

地盤は一見同じように見えても、少し距離が離れただけでまったく異なる調査結果となる事があります。
建物の配置計画に沿って原則1棟当り5ヶ所で SWS試験を行います。

※地盤ごとに合った調査方法にて実施

東栄住宅の取り組み ④造成工事と地盤改良工事の管理

地盤調査の結果、『安心して家を建てられる土地』にするための造成工事や地盤改良工事を行う場合についても、
業者さん任せではなく【東栄住宅造成部門】が工事の管理・サポートを適切に行います。

  • 対策の実施計画対策の実施計画
  • 造成工事品質の確認造成工事品質の確認
  • 改良工事計画書、報告書の確認改良工事計画書、報告書の確認

東栄住宅では、蓄積した過去データや現場状況を含めて総合的に判断する事で、適切な判断を実現し、ご安心いただける土地を提供しています。

東栄住宅の取り組み ⑤万が一、地盤沈下が起きた場合の保証

東栄住宅では、アフターサービス基準に記載の通り地盤に関しても責任をもって対応いたします。
保証の詳細については、東栄住宅のアフターサービス基準をご確認ください。

地盤補強 建物対角線で傾斜角が6/1000 を超える
不同沈下10年保証(※最大30年保証)
※東栄住宅アフターサービス基準より抜粋

※30年保証について
長期保証部位について、お客様が保証期間の延長を希望される時は、お引渡し日より10 年目以降5 年毎に、( 株) 東栄住宅の指定するグループ会社「東栄ホームサービス株式会社」による無料点検を行い、同社が必要と認めた有料メンテナンス工事を同社にて所定の期間内に 実施された場合に限り、最大で30 年保証の延長をいたします。

「土地の品質」への取り組みが
コストパフォーマンスにも貢献!?

実は品質と同時にコスト超過問題も起きがちな分野でもあります。
東栄住宅では業者さん任せではなく、地盤専門の造成部門が全ての工程( コスト・品質・計画など) を徹底管理することによりコスト超過を抑え、お客さまへの販売価格上昇を防ぎます。土地の品質から住宅販売まで自社一貫で行うことで、コストと品質のバランスがとれた『最適解』を追求しています。

品質を保ちながら手の届く価格を実現することで、お客様の大切な資産となる土地を守ることへ繋がっているのです。

東栄住宅の家づくり

  • メリットいっぱい長期優良住宅
  • エコでお得な低炭素住宅
  • 住宅性能評価書
  • 地震に強い東栄住宅<地盤編>
  • 地震に強い東栄住宅<耐震性能編>
  • 夏涼しく冬あたたかい断熱性能
  • コストパフォーマンスに自信あり
  • 充実のアフターサポート
  • 全棟第三者評価のお墨付き
  • プロに選ばれる東栄住宅
  • 暮らしやすさのこだわり
  • 自社一貫体制