東栄住宅ブルーミングガーデン

長期優良住宅

国が定めた7つの技術基準を
クリアした認定住宅です。

長期優良住宅とは、「良い家を作って、きちんと手入れをして、長く大切に使う」ことを目的とした認定制度で、
国が定めた7つの基準を満たしたした住宅が長期優良住宅として認定されます。
東栄住宅はパワービルダーで取得数No.1です!長期優良住宅のことなら私たちにお任せください。

マイホームは一世一代の大きな買い物、せっかくなら長く安心して住めて、子供の代まで引き継ぎたいと思っています。 でも「本当にいい家」をどう判断したら良いものか、素人目ではよくわかりません。そんなときブルーミングガーデンに住む友人セイジの家に行ったときのこと。 「長期優良住宅」なら国のお墨付きだから安心だよ!と教わります。適性価格で手に届く高品質な家を!まずは東栄住宅のブルーミングガーデンを覗いてみてください。

長期優良住宅のメリット1 国が定めた7つの技術基準をクリア

長期優良住宅として認定を受けるためには、国が定めた7つの技術基準をクリアする必要があります。
東栄住宅のブルーミングガーデンは5つの最高等級を取得しています。

7つの技術基準と東栄住宅の取り組み

技術基準   長期優良住宅基準   東栄住宅の取り組み
1耐震性地震に強く倒壊しない
  耐震等級2以上  
CLEAR
  • 耐震等級3(倒壊防止)
  • 耐震等級3(損壊防止)
2劣化対策安心して長く暮らせる劣化しにくい構造
  劣化対策等級3相当  
CLEAR
  • 劣化対策等級3
3維持管理性メンテナンス性に配慮した設計
  維持管理等級3相当  
CLEAR
  • 維持管理等級3
4住戸面積生活する上で必要な広さを確保
  72m2以上  
CLEAR
5省エネルギー性断熱性能が高く地球と家計にやさしい
  断熱等性能等級4相当  
CLEAR
  • 断熱等性能等級5
    ※2022/4/1以降の設計性能評価申請分より適用。それ以前(2021/7/1以降)に当社グループが売主として販売契約した新築分譲戸建については等級4を取得。
6居住環境原稿を整える、写真選定
  所割行政庁が審査  
CLEAR
7維持保全管理地域の景観と調和した家
  点検の時期、内容を定める  
CLEAR
  • 10年間で4回の無料メンテナンス

長期優良住宅は、定められた技術基準をクリアしなくてはならないこと、申請書類の作成や規定の厳しさもあり、長期優良住宅を数多く手掛けるのは、分譲住宅メーカーには特に難しいとされています。 そのような中で、以前より住宅性能表示に取り組んでいた東栄住宅は、長期優良住宅に取り組むためのノウハウと体制を備えているため、全棟技術基準をクリアしております。

長期優良住宅のメリット2 税制面で優遇が受けられる

長期優良住宅の認定を受けることで、住宅ローンの金利優遇、税金面の優遇が得られるなどの、金銭的なメリットが大きいのも魅力です。

東栄住宅 長期優良住宅 一般住宅
住宅ローン減税

所得税から年間35万円、13年間で最大455万円の控除を受けることができます。

※2023年12月31日までに入居

控除期間13年間
最大控除額455万円
控除期間13年間
最大控除額273万円
固定資産税

長期優良住宅として認定を受けた住宅では、固定資産税の減額措置期間が、通常の3年から5年間に延期されます。

※2022年3月31日までに入居

減額率50%
減額適用期間5年
減額率50%
減額適用期間3年
フラット35による金利優遇

フラット35S(金利)Aプランの適用。通常のフラット35と比べて、当初10年間は0.25%金利が引き下げられます。

※2022年3?31?までの申込み受付分に適?

当初10年間年金璃-0.25%
なし

長期優良住宅のメリット3中古市場では長期優良住宅が有利

中古住宅として売却するときでも、長期優良住宅の認定を受けていることで評価に差が出ることもあります。 『丈夫な造りをしています』というだけでは、信憑性がありませんが、「長期優良住宅」認定済住宅となれば、上記で説明した耐震性や耐久性、維持管理の容易性等を証明することができ、メンテナンスの記録も残されているため、流通時にはプラスの材料となるでしょう。

長期優良住宅のデメリット 取得には時間とコストがかかる

長期優良住宅の申請手続きには、1ヶ月程度の時間と費用が余計にかかります。また、技術基準をクリアするために建築コストが高くなり、完成後の定期的な点検も必要になります。さらには、長期優良住宅の取得に対応できないメーカーも多くあります。

その点東栄住宅なら安心!

引き渡し時に長期優良住宅としての認定を既に獲得しているのでこのような手間やコストが発生する心配もありません。

  • ※一部、取得に対応できない住宅もございます。

長期優良住宅
取得戸数 全国3位!
耐震等級3取得数 全国4位!

長期優良住宅は、定められた建築基準をクリアしなくてはならないこと、申請書類の作成や規定の厳しさもあり、長期優良住宅を数多く手掛けるのは、パワービルダーには難しいとされています。
そのような中で、以前より住宅性能表示に取り組んでいた東栄住宅は、長期優良住宅に取り組むためのノウハウと体制を備えているため、全棟技術基準をクリア。

昨年の調査結果でも大手ハウスメーカーと並ぶ3位、耐震等級取得戸数 全国第4位となりました。

2020年度 長期優良住宅戸数

  1. 1タマホーム7,334
  2. 2住友林業5,301
  3. 3東栄住宅3,501
  4. 4三井ホーム2,153
  5. 5スウェーデンハウス844

2020年度 耐震等級3取得戸数

  1. 1タマホーム10,495
  2. 2一建設9,590
  3. 3住友林業5,431
  4. 4東栄住宅3,783
  5. 5三井ホーム2,265

出典:木材建材ウィークリ―(2021年11月15日発行)

東栄住宅の家づくり

  • メリットいっぱい長期優良住宅
  • エコでお得な低炭素住宅
  • 住宅性能評価書
  • 地震に強い東栄住宅<地盤編>
  • 地震に強い東栄住宅<耐震性能編>
  • 夏涼しく冬あたたかい断熱性能
  • コストパフォーマンスに自信あり
  • 充実のアフターサポート
  • 全棟第三者評価のお墨付き
  • プロに選ばれる東栄住宅
  • 暮らしやすさのこだわり
  • 自社一貫体制