マイホーム購入の最適な年齢や時期は?住宅購入のタイミングについて|住宅にまつわるコラム Column

マイホーム購入の最適な年齢や時期は?住宅購入のタイミングについて

マイホーム購入の最適な年齢や時期は?住宅購入のタイミングについて

「まわりも購入しているし、うちもそろそろ」「良い環境で子育てしたい」「老後の心配をしないで済むようにしたい」など、マイホームへの思いは人それぞれでしょう。

しかし、なかなかマイホームを購入するタイミングがつかめず、思うだけで実行に移せない人も多いはずです。

そこで今回は、マイホーム購入の最適な年齢や時期など、住宅購入のタイミングを見極めるために役立つポイントを4つご紹介します。

【ポイント1】購入の目的

【ポイント1】購入の目的

マイホーム購入にあたって大切なことは、目的がはっきりしているかどうかです。「なぜマイホームを購入したいのか」「どのような物件が良いのか」「いつごろまでに購入したいか」などについて、家族でじっくり話し合いましょう。

住宅購入は大きな買い物です。「同世代が購入しているから」「もうすぐ増税だからその前に」などの理由で焦って決断すると、後悔することにもなりかねません。

ポイントは、家族にとって本当に良い物件を、家族のライフスタイルに合った適切な時期に購入することです。

【ポイント2】家族の状態

【ポイント2】家族の状態

結婚や出産、子どもの入進学など、家族構成やライフプランの変化はマイホーム購入の目安になるでしょう。

半数以上の方が、子どもの小学校入学前までにマイホームを購入しています。子どもを転校させないで済む他、その頃までには家族のライフプランもある程度はっきりしているためです。

出産を機に、より良い子育て環境を求めてマイホーム購入を決断する場合もあります。子どもが生まれると、より地域・近所と関わる機会が増えます。そのため、早い時期にマイホームを持つことで、子どもだけでなく、親も友人を多く持つことができるでしょう。

【ポイント3】年齢

【ポイント3】年齢

若いうちにマイホームを購入するにしても、定年後に購入するにしても、自分のライフプランに合った選択をすることが大切です。 若いうちにマイホームを購入すれば、早くから理想の家で快適な生活を楽しめます。 しかし、転勤や家族構成の変化などにより、理想の家に対する見方が変わることがあります。また、早く家を持てば、早く修理費が掛かることにもなるでしょう。

定年退職を機に、退職金と合わせて一括払いでマイホームを購入する方も多いです。「子どもたちが巣立って夫婦2人の生活になった」「老後は田舎で過ごしたい」など、新たなライフプランにあった住宅を購入することができます。老後に備えて、公共機関・サービスの発達している場所や、バリアフリー住宅を選ぶこともできるでしょう。

【ポイント4】住宅ローン

住宅ローンには「完済年齢」が決まっており、金融機関により75歳または80歳までとなっています。そのため、将来住宅ローンを利用してマイホームを購入したいと考えている方は、完済年齢から逆算して住宅の購入時期を決めなければなりません。

また住宅ローンは、「固定金利型」と「変動金利型」に分かれています。 変動金利型住宅ローンの利用を検討している方は、金利が低いタイミングがマイホームを購入する絶好の時期となるでしょう。

住宅は金額が大きい買い物であるため、その時々の金利の動向によって総支払額が大きく変わってきます。金利が低い時期にマイホームを購入することによって、住宅の総支払額を圧縮することができるでしょう。 しかし金利は常に変動しているため、住宅購入後もその動向を常に把握しておく必要があります。もちろん金利が上がる可能性もあるため、リスクの存在もしっかりと理解しておくことが大切です。

おわりに

マイホーム購入に最適なタイミングは、人それぞれ異なります。家族の現在の状況やライフプランに合った最適なタイミングを見つけましょう。

東栄住宅では、世代や家族構成によって異なる多様なニーズに応えた「暮らし方」を提案します。まずはお気軽にご相談してください。

耐震等級3のブルーミングガーデン物件検索はこちらから