外壁や水漏れ調査など住宅のメンテンナンスは必須!分譲住宅の定期点検が必要な3つの理由|住宅にまつわるコラム Column

外壁や水漏れ調査など住宅のメンテンナンスは必須!分譲住宅の定期点検が必要な3つの理由

外壁や水漏れ調査など住宅のメンテンナンスは必須!分譲住宅の定期点検が必要な3つの理由

耐久性や耐震性に優れている住宅でも、定期的なメンテナスを行わなければ住宅の状態を長期的に維持することはできません。そのため、住宅の定期点検を行うことは重要です

定期点検を行うことにより、住宅の瑕疵を早期発見することができ、適切なタイミングで補修や修繕を行うことが可能です。そこで今回は、住宅の定期点検が必要な3つの理由についてご紹介します。

【理由1】資産価値を維持する

【理由1】資産価値を維持する

日本は高温多湿な気候であるため、住宅のメンテナンスを怠ると住宅が痛みやすくなる恐れがあります。特に屋根や外壁などの部分は常に直射日光や雨風にさらされているため、劣化の進行が進みやすい箇所です。 住宅は建設された時点で劣化が始まります。メンテナンスや定期点検を行い、住宅を守りましょう。

メンテナンスが行き届いた住宅は、住宅を長持ちさせるだけでなく、将来住宅を売却することになった場合にも非常に有利になります。築年数が同じ住宅であっても、メンテナンスが行われている住宅は資産価値が高いため、売却価格に大きな差が生じるでしょう。

資産価値を維持するためにも、住宅のメンテナンスは必要不可欠です。 管理会社がメンテナンスや定期点検を行うマンションと比較して、一戸建ての場合は全て自分でメンテナンスなどを行う必要があります。そのため、住宅を購入する際は、メンテナンスや定期点検などのアフターサービスの有無も考慮することをおすすめします。

【理由2】早期発見、早期対応により住宅の寿命を延ばす

【理由2】早期発見、早期対応により住宅の寿命を延ばす

一見、何の不具合も無く暮らすことができる住宅でも、知らない間に状態が悪化している場合があります。そのような状況を回避するため、定期点検を行い、大きな問題が生じる前に対応することが大切です。適切なタイミングで行うメンテナンスは、住宅の寿命を延ばします。

住宅に使用される建材は、材料などによって寿命が異なります。特に住宅の外壁部分は、見えづらい箇所もあるため痛みや劣化に気付くのが難しいです。また、外壁の劣化は美観が損なわれるだけではなく、雨水が侵入する恐れもあります。そのため、定期点検の際は、外壁部分に傷やヒビが入っていないかを確認する必要があります。また、日頃から自分で外壁の様子をチェックすることをおすすめします。可能な範囲内で、定期的に確認することにより、早めの対応を取ることができます。

【理由3】適切なメンテナンスでコストを抑える

【理由3】適切なメンテナンスでコストを抑える

定期点検を行うことにより、適切なタイミングでメンテナンスを行うことができます。急な故障が起きる心配も少なく、補修費用も最小限に抑えることが可能です。また、将来リフォームが必要なった場合でも、定期点検を行っている住宅は必要最低限の費用で行うことができるでしょう。

メンテナンスを行わずに放置された住宅は、時間とともに劣化が進んでいきます。また、劣化の状態が悪くなるほど、補修費用も上がります。そのため、住宅に関して気になることが少しでもあった場合は、住宅を購入したハウスメーカーなどに相談することをおすすめします。早期的な対応を行い、修繕コストを安く抑えましょう。学部や第一薬科大学、福岡女学院大学、純真短期大学、香蘭女子短期大学があり、大学付属の私立中高校もあります。

おわりに

長きに渡って、安全かつ快適に暮らすためには、住宅の定期点検を行うことが大切です。住宅の寿命が長くなるだけではなく、将来かかる修繕費用も安く抑えることができます。

東栄住宅では、購入後4回の無料メンテナンスを実施しています。また、10年目の無料点検の後、必要に応じた有料メンテナンス工事を行うことによって保証期間が20年に延長されます。アフターサービスが充実した住宅購入を考えている方は、ぜひご検討ください。

3つの安心を生む充実のアフターサポート

耐震等級3のブルーミングガーデン物件検索はこちらから