マイホームに和室は不要?必要?新築住宅に和室を採用するメリットとは|住宅にまつわるコラム Column

マイホームに和室は不要?必要?新築住宅に和室を採用するメリットとは

マイホームに和室は不要?必要?新築住宅に和室を採用するメリットとは

現在、日本人の生活スタイルの変化とともに、住宅も洋風な建築様式が主流となってきました。しかし和室は、高温多湿な日本の気候に合う性質を備えていたり、活用方法が豊富であったりと、さまざまなメリットが存在します。

マイホームを購入する方の中には、和室を採用するかどうか悩んでいる方もいることでしょう。そこで今回は、新築住宅に和室を採用するメリットについてご紹介します。

【メリット1】汎用性が高い

【メリット2】汎用性が高い

和室は汎用性が非常に高く、多用途に使用することが可能です。座布団を敷けば居間となり、布団を敷くことによって寝室にもなります。さらに、リビングと隣接させることによって空間に一体感が生まれ、開放感を味わえるでしょう。

また、和室では脚のついた椅子を使用することが少ないため、自然と視線が低くなります。そのため、天井が高く見え、空間を広く感じることができるでしょう。

和室に使用されている畳は、防音性やクッション性に優れています。足音が響きにくく、転んでも安心です。そのため、子供の遊び部屋としても役立ちます。さらに、和室は周囲の音を吸収し静かな空間を作ることができるため、来客があった際に客間として利用することもおすすめです。 和室はその時々の使用目的によって、さまざまな活用方法が存在します。自分のライフスタイルに合わせて和室を使い分けてはいかがでしょうか。

【メリット2】日本の伝統を感じることができる

【メリット3】日本の伝統を感じることができる

昔から日本人の暮らしを支えてきた和室は、現在でも日本の伝統を感じさせ、安らぎを与える空間です。畳に座った際のさらっとした感触やイ草の香り、障子越しの柔らかい光などは、和室ならではの魅力です。畳の鮮やかな若草色は精神の安定をもたらし、その香りは森林浴と同じような癒し効果をもたらすと言われています。

新築住宅に和室を採用するかどうか悩んでいる方の中には、畳の手入れが面倒で躊躇されている方もいることでしょう。しかし最近は、ダニやカビを防ぐ高機能な畳や、簡単な掃除で長期的に使用できるものなども出てきています。

また、デザインも単一なものばかりではなく、畳の縁がないものや正方形のものなど、種類も豊富です。使用目的や生活様式に合わせて、自分に合うものを選びましょう。

おわりに

和室は日本の風土に合い、汎用性に優れています。最近では、リビングと和室を仕切らないものや、小上がりを設けてその上に和室を造ったものなど和室の様式も豊富です。自分のライフスタイルに合った和室を設けて、より快適な暮らしを目指してはいかがでしょうか。

世代や家族構成によって、「暮らし方」はさまざまです。東栄住宅では、ご家族の笑顔に出会うため、日々誠意をもって家づくりに取り組んでいます。住宅に関する疑問や質問などございましたら、お気軽にご相談ください

独立和室のある家

耐震等級3のブルーミングガーデン物件検索はこちらから