【新婚の部屋探し】結婚後の新居の間取り・広さや費用はどうする?|住宅にまつわるコラム Column

【新婚の部屋探し】結婚後の新居の間取り・広さや費用はどうする?

【新婚の部屋探し】結婚後の新居の間取り・広さや費用はどうする?

結婚して初めての部屋探しといえば、楽しみもありますが不安もありますよね。すでに同棲しているならいざ知らず、初めての2人暮らしとなると、どのような基準で部屋を選べば良いか分からないものです。

今回は、新婚カップルのための「成功するお部屋選びのポイント」をご紹介します。

新居の形態や環境はライフスタイルを考えて

新居の形態や環境はライフスタイルを考えて

賃貸なのか、一戸建ての購入なのか。住む場所、間取り、そして今後の2人の人生設計など、考えることはたくさんあります。その中で、予算や通勤時間による縛りがあり、「自ずと決まってくること」も当然、あるでしょう。しかし、せっかくの新しいスタートですから、各々の好みのライフスタイルを実現させたいものです。 共働きなのか、子どもはいつつくるのか、子育ての方針、2人の今後の人生設計などに関することを、2人でじっくりとすり合わせておきましょう。

特に費用の話では、出産後は育児にお金が掛かってしまうため、マイホーム購入のための貯蓄が難しくなります。新築物件の購入を検討しているなら、できるだけ早めに購入することがおすすめです。

新築一戸建てで新婚生活をスタートできるメリットは大きなものです。例えば、購入した家は資産になります。リフォームも自由自在ですから、子ども部屋を後から作ることもできるでしょう。さらに、家族の人数が増えても生活スペースの確保やプライバシーを守ることが容易です。

新居の費用を考え方

新居の費用を考え方

結婚」は、一戸建てを購入したいと考えているカップルにとって、良いタイミングではないでしょうか。ただし、住宅ローンと生活費の設計を2人でしっかり考えておきましょう。時間的な余裕やある程度の貯蓄、できれば親からの援助があるなど、新婚生活を圧迫しないことが条件です。さらに2人の老後資金も貯蓄できる状態での購入がベストでしょう。

また、すでに「ある程度の貯蓄」があり、旦那様の収入だけで生活できることを前提とすることをおすすめします。新婚当初は共働きであっても、子どもができれば旦那様の収入だけでローンを返済していく必要があるためです。

一戸建てを購入する際には、土地や物件そのものはもちろん、諸費用+税金として売買価格の4~5%程度の費用が掛かります。それに加え、消費税、そして売買契約にあたり3%程度の媒介手数料が掛かることが一般的です。(※売主から購入する場合は、媒介手数料はかかりません。)

間取りは将来設計を考慮して

間取りは将来設計を考慮して

間取りは、2人のライフスタイルや人生設計に大きく関わってくるところです。特に、子づくりをどうするのか、子どもが生まれても住み続けるのか、それとも住み替えるのかは大きな要素になります。

子づくりを当面考えない場合は、夫婦2人のライフスタイルに合わせたお部屋を選べば良いですが、そうではないなら子どものことも考えなければなりません。 その場合、夫婦2人の個室も含めて3LDK、4LDKの間取りであれば、ストレスなく長く住み続けることができるでしょう。夫婦それぞれの個室を作ることもできます。

なお、国土交通省『住生活基本計画(全国計画)』によると、理想の住まいの広さ(「居住面積水準」)は、両親+子ども2人(10歳以上)の4人家族で125m2(37.8坪/都市部以外の戸建て居住)、新婚夫婦で75m2です。

おわりに

結婚後の新居探しは、その後の2人の人生を左右する大切なことです。将来に向けた貯蓄をするためにはあまり無理をしてはいけませんが、狭すぎるとストレスが溜まります。

東栄住宅では、2人のライフスタイルに沿った新築一戸建てのご提案を行っております。ぜひ、素敵な新居で新婚生活を始めてください!

耐震等級3のブルーミングガーデン物件検索はこちらから