ライフプランに合った間取りを選ぼう!子育てに最適な新築分譲住宅の間取りについて|住宅にまつわるコラム Column

ライフプランに合った間取りを選ぼう!子育てに最適な新築分譲住宅の間取りについて

ライフプランに合った間取りを選ぼう!子育てに最適な新築分譲住宅の間取りについて

子供の成長や、新たに家族が増えるタイミングは住宅購入のきっかけの1つです。子供を持つ親なら誰しも、子供にとって良い環境の中で育てたいと願うのではないでしょうか。

また、親にとっても、子育てがしやすい住宅を選ぶ必要があります。どのような住宅が、子育てに適しているのでしょうか。そこで今回は、子育てに最適な住宅の間取りについてご紹介します。

【ポイント1】子どもの様子を見守れるキッチン

【ポイント1】子どもの様子を見守れるキッチン

料理をしながら、子供から目を離さないでいることは容易なことではありません。キッチンにいる時間は案外長いものです。そのため、子供にきちんと目が届く作りのキッチンであれば、安心することができるでしょう。部屋の見通しがいい「対面型キッチン」は、料理をしながら子供の様子を見ることができるため、おすすめです。

「対面型キッチン」とは、ダイニングとキッチンが同じ空間にあり、ダイニング側を向くように設置されたキッチンのことです。見通しが良い作りのため、子供に目を配ることができます。また、対面型キッチンは開放的な作りになっているため、家族とのコミュニケーションが取りやすいことも魅力の1つです。親の存在を常に確認することができるため、子供にとっても安心です。

【ポイント2】子供にとって居心地のいいリビング

【ポイント2】子供にとって居心地のいいリビング

リビングは、家族が集まる大切な場所の1つです。子供の成長後もリビングで一緒に過ごせるよう、居心地のよい空間にしましょう。

リビングに、子供が勉強することができる空間を作ることをおすすめします。子供がリビングで勉強することによって、親は子供の学習の様子を確認することが可能です。そのため、子供との会話や一緒に過ごす時間が増えます。

しかし、どうしても勉強道具などの物がリビングに増えるため、収納スペースに余裕がある間取りだと安心でしょう。また、家族とのコミュニケーションを増やすために、家族がよく通る場所にリビングがある間取り(リビングイン階段など)や、1階と2階が吹き抜けになっている間取りを選ぶことをおすすめします。リビングを子供部屋や浴室、トイレなどとつなげることにより、子供が忙しくなった際でも、毎日顔を合わせることができます。また、リビングと2階を吹き抜けにすることにより、住宅全体を自然と一体化することが可能となり、家族とのつながりが強まるでしょう。

家族が増えても余裕がある収納スペース

家族が増えても余裕がある収納スペース

子供の成長と共に、衣服や写真などの思い出の品などさまざまな物が増えていきます。そのため、収納スペースが大きい間取りの住宅を選ぶことをおすすめします。収納スペースはただ大きければいいというわけではありません。どのような用途で使用したいのかを考えておく必要があります。収納計画を立てていないことにより、いざ収納スペースを使おうと思っても、スペースが足りなかったり、反対に持て余したりする可能性があります。

また、子供部屋に収納スペースを作ることも大切です。子供部屋には、衣類だけでなく、学習道具や習い事に使用する物など、さまざまな物を収納する必要があります。部屋の広さは限られていますが、「扉付クローゼット」のような収納スペースを設けることにより、物を数多く収納することができる上に、部屋をすっきり見せることが可能です。そして、子供部屋に自分だけの収納スペースを作ることにより、自発的に片付ける習慣が身に付くでしょう。

おわりに

住宅の間取りによって、親と子供のコミュニケーションは増やすことができます。子供が成長しても、一緒に時間を過ごすことができる間取りの住宅を選びましょう。

東栄住宅はこれまで、お客様の多様なご要望に合った住宅をご提案してまいりました。お客様のニーズを把握し、立地にあったプランをご提供しております。ぜひご相談ください。

耐震等級3のブルーミングガーデン物件検索はこちらから