住宅性能評価書を取得するメリット・デメリット|住宅にまつわるコラム Column

住宅性能評価書を取得するメリット・デメリット

住宅性能表示制度を活用しよう!住宅性能評価書を取得するメリット・デメリット

「住宅性能表示制度」は国が定めた基準により、住宅を簡単に比較することができる制度です。この制度に基づき発行されるものが「住宅性能評価書」です。住宅の性能が数値化されているため、住宅購入時の判断材料として役に立ちます。また、住宅性能表示制度を利用した住宅は、住宅ローンの優遇や保険料の割引を受けることが可能です。そこで今回は、住宅性能評価書を取得するメリットとデメリット」をご紹介します。

住宅性能表示制度とは

住宅性能表示制度とは

「住宅性能表示制度」とは、「住宅の品質確保の促進等に関する法律」に基づいた制度です。国に登録されている第三者機関が、共通基準である「評価方法基準」をもとに評価します。そのため、住宅購入者は、住宅の性能を統一された基準によって比較することができます。 住宅性能表示制度は2種類に分かれています。設計段階で図面を確認する「設計性能評価」と、住宅完成後に確認する「建設性能評価」です。住宅性能表示制度は任意の制度であるため、制度を利用するかどうかは住宅購入者に委ねられています。また、制度の見直しが実施され、平成27年4月から10項目あった必須項目が4項目へと、大幅に緩和されました。必須項目の4項目の内容は「構造の安定に関すること」、「劣化軽減に関すること」、「温暖環境に関すること」、「維持管理、更新の配慮に関すること」です。この緩和により、住宅性能表示制度の利用がさらに促進されるでしょう。

住宅性能表示制度のメリット

住宅性能表示制度のメリット

住宅性能表示制度は、住宅の性能を簡単に比較することが可能なだけではなく、「住宅ローン」「地震保険」などを利用する際も有利に働きます。地震保険の割引内容は、耐震等級によって異なる場合があるため、注意してください。ブルーミングガーデンは、最高等級である「耐震等級3」を取得しており、地震保険の割引率は50%が適用されます。 また、将来住宅を売却する場合、住宅性能評価書を取得していることによって、高い資産評価を得ることができます。 売り主と買い主の間に、住宅性能評価書が交付された住宅に関する争いが起こった場合、住宅専門の紛争機関が間に入り処理を行ってくれます。申請料を1万円支払うことにより、弁護士などの専門家の調停や仲裁を受けることが可能です。紛争の簡易かつ迅速な解決が望めます。

住宅性能表示制度のデメリット

住宅性能表示制度のデメリット

住宅性能表示制度のデメリットは、等級を上げることにより、その分建築コストが上がることです。住宅性能表示制度を受ける際にかかる費用の相場は10万円から20万円です。(東栄住宅は全棟価格に含まれています。)しかし、全ての等級を最上級にしたところで、快適な住宅になるわけではありません。例えば、日当たりの良さを求めて窓を大きくすることにより、必然的に耐震評価が下がる可能性があります。このように間取りや周辺環境、ライフスタイルによって、必要な等級レベルを判断する必要があります。また、住宅性能評価書を取得しておけば絶対に不具合が起きないという保証はありません。住宅性能表示制度の評価対象となっている箇所は調査が行われますが、その他の箇所は保証されません。そのため、アフターメンテナンスや定期検査などが充実しているハウスメーカーや工務店を選択しましょう。

おわりに

住宅性能表示制度を活用することにより、住宅の性能を簡単に比較することができ、住宅ローンの控除や地震保険の割引などの優遇を受けることができます。しかし、建築コストが上がるため、自分にあった等級レベルを慎重に考慮しましょう。東栄住宅では、住宅性能表示制度の成立時からこの制度を導入しており、全棟住宅性能評価書を取得しています。また、設計性能評価と建設性能評価の2つを取得しています。住宅の性能をお客様に分かりやすく提供することを心掛けているため、住宅性能評価書を取得している住宅を購入する際は、ぜひご検討ください。

【選ばれる理由】高品質・低価格

耐震等級3のブルーミングガーデン物件検索はこちらから