一戸建て購入&住み替え希望する方必見!マンション売却の流れとコツについて|住宅にまつわるコラム Column

一戸建て購入&住み替え希望する方必見!マンション売却の流れとコツについて

一戸建て購入&住み替え希望する方必見!マンション売却の流れとコツについて

子供の誕生やライフスタイルの変化に伴い、マンションを売却し、一戸建ての購入や住み替えを考えている方もいらっしゃるかと思います。

マンションを売却したことが無い方にとっては、何から手をつけていいのか分からないでしょう。そこで今回は、マンション売却の流れとコツについてご紹介します。

マンション売却の流れ

マンション売却の流れ

【1:情報収集/不動産会社探し】
マンションの売却を決めたら、まずは情報収集を行います。周辺マンションの売却価格の相場を調べましょう。不動産会社に依頼し、マンションの査定価格を出してください。マンション売却には、信頼できる不動産会社との出会いが重要になります。そのため、不動産会社の情報を幅広く収集し信頼できる不動産会社を探しましょう。 最近は、インターネットを使用して査定価格を出すことができます。しかし、実際に物件を見る「訪問査定」を行わなければ分からないことも数多くあるため、参考程度に考えておきましょう。不動産会社に査定を依頼する場合、複数の会社に依頼し査定結果を比較することをおすすめします。査定結果を参考に「媒介契約」を結ぶ不動産会社を決めましょう。


【2:売却活動】
不動産会社と「媒介契約」を結んだ後は、「売却活動」を行います。不動産会社による、広告やインターネットを使用したマンションの宣伝が行われます。売却活動が始まった際は、内覧者がいつ来てもいいように準備してください。万が一、内覧希望者が現れなかった場合、売却価格を下げることも検討する必要があります。


【3:購入希望者と売買契約】
内覧者がマンションの購入を決意した後は、不動産会社を通じて購入手続きが行われます。この際、「購入申込書」が売り主に提出されます。購入申込書とは、購入者の希望価格や引き渡し日などの希望条件が記載されている申込書です。この時点ではまだ「売買契約」は成立していません。 売り主は購入申込書をもとに、マンションを売却するかどうか決定します。また、購入者が必ずしも住宅ローンの審査に通るとは限らないため、審査に通る見込みがあるかどうかを見極めることも大切です。


【4:マンションの引き渡し】
売買契約の成立後は、マンションと所有権の引き渡し手続きを行います。そのため、売り主はマンションの引き渡し日までに引っ越しを行えるよう準備しておきましょう。

不動産会社を選ぶコツ

不動産会社を選ぶコツ

媒介契約を結ぶ不動産会社選びは、マンション売却の重要なポイントの1つです。不動産会社は、売却に向けての宣伝活動や、購入者との間に入って調整を行います。そのため、マンション売却の際は信頼できる不動産会社を選ぶことが重要です。

不動産会社はそれぞれ得意とする分野が異なります。そのため、マンション売却が得意な会社を選びましょう。インターネットなどを利用して、マンション売却の実績があるかどうか確認してください。また、複数の不動産会社を比較しながら考慮することをおすすめします。安易に査定金額が高い会社に決めず、担当者に相談しやすいかどうかや、質問にしっかり答えることができかどうかなど、担当者の対応も含めて選びましょう。

内覧の際のコツ

内覧の際のコツ

マンションの内覧は、購入者にマンションのメリットを直接伝えることができるチャンスです。購入を決めてもらうための準備を行いましょう。

まず、清潔感があるきれいな部屋である必要があります。内覧の前には必ず掃除を行ってください。特に、キッチンやバスルールなどの水回りは入念にチェックされるため、丁寧に掃除する必要があります。自分で気付くことができない匂いが室内にこもっている場合もあるため、内覧者が来る前に窓を開けて換気を行いましょう。

マンションの長所を1番知っているのは売り主です。内覧者に、部屋の長所や周辺環境の利便性などを積極的に伝えましょう。また、内覧者に対して常に誠実な対応ができるよう心掛けてください。

おわりに

マンション売却に必要なことは、入念な情報収集と信頼できる不動産会社選びです。納得いくマンション売却を行うため、事前に売却の準備や打ち合わせを行う必要があります。

東栄住宅では、住宅売却に関する相談やお手伝いをしています。マンションを売却し、一戸建ての購入や住み替えを希望している方は、ぜひご検討ください。

耐震等級3のブルーミングガーデン物件検索はこちらから