土間収納とは?玄関の土間収納の必要性と間取り作成ポイント|住宅にまつわるコラム Column

土間収納とは?玄関の土間収納の必要性と間取り作成ポイント

土間収納とは?玄関の土間収納の必要性と間取り作成ポイント

玄関の間取りを考える際、土間収納を設けるべきか頭を悩ませる方は少なくありません。大変便利な土間収納ですが、場合によっては玄関のスペースを圧迫する可能性もあります。

今回は土間収納とは何か、そして土間収納の必要性と注文住宅時の間取り作成のポイントについてご紹介します。

土間収納とは

土間収納とは

「土間収納」とは、玄関から土間続きになっている収納スペースのことです。荷物を手軽に出し入れできる便利さから、土間収納を取り入れる住宅が増えています。

土間収納の必要性

土間収納の必要性

土間収納がある場合、玄関周りを美しくすっきりと保つことができます。例えば折り畳み自転車やベビーカー、三輪車、ゴルフバッグ、傘など、置き場に困ってしまう荷物は少なくありません。土間収納は、幅を取る荷物をすっきりと収納することができます。また、土間続きの空間のため、室内に汚れを持ち込む心配がありません。雨の日の長靴置き場にも重宝しますね。

また、重い荷物を一時的に保管する際にも土間収納は重宝します。例えば、ウォーターサーバーの重いボトルが到着後、すぐにしまうことができます。わざわざリビングまで運び、後で収納場所を探すことは大変ですが、土間収納であれば配達された際にすぐにしまうことが可能です。

土間収納を設ける際はスペースを考慮する

土間収納を設ける際はスペースを考慮する

土間収納にはさまざまなメリットがある一方、狭いスペースの玄関に土間収納を設けた場合、玄関部分を圧迫してしまうデメリットもあります。

玄関は外から帰ってきた際に通る場所であり、お客様を出迎える大切な場所でもあります。土間収納のために玄関のスペースがあまりに制限されてしまうと、快適さが失われてしまいます。したがって、土間収納を設ける場合には、玄関の広さを考慮しながら間取りを決めることが重要です。

土間収納の間取りを作成するポイント

土間収納の間取りを作製するポイントは、収納スペースを広く取りすぎないことと、具体的な収納イメージを持つことの2つです。

【間取り作成のポイント1】土間収納のスペースを広く取りすぎない

住宅の購入を検討されている方の中には、土間収納のスペースをできるだけ広く取りたいと考える方も多いのではないでしょうか。

小さいお子様がいる間は、ベビーカーや三輪車などの大きな荷物を収納することができる広い収納スペースは魅力的ですが、子供が成長すればベビーカーや三輪車は不要です。広すぎる土間収納のスペースを持て余してしまいます。それでは土間収納のためにどれほどのスペースを確保すべきでしょうか。土間収納におすすめの広さは畳1畳分です。1畳分であれば玄関を圧迫することがありません。

【間取り作成のポイント2】収納する物を具体的にイメージする

1畳分のスペースにどのように扉や棚をつけるかによっても、土間収納の使い勝手が変わります。

間取りを考える際には、まずは土間収納にしまいたいものをピックアップし、出し入れのしやすさを考慮しながら棚を配置するのも1つの方法です。最初にベビーカーやゴルフバッグなどの大きな物を収納するスペースの場所を優先的に確保します。次に空いたスペースに棚を設け、キャンプ用品や長靴・ブーツ類、テニスラケットやボールなどの比較的小さい荷物を収納しましょう。収納する物を具体的にイメージしながら間取りを考えることによって、土間収納の空間を無駄なく活用することが可能です。

おわりに

今回は玄関の土間収納の必要性と間取りを作成する際のポイントについてご紹介しました。大変便利な土間収納ですが、玄関のスペースを狭めてしまう可能性があります。限られたスペースの中で土間収納を上手に活用するためのポイントは、あらかじめ収納すべき物を想定した上で間取りを作成することです。

東栄住宅ブルーミングガーデンでは、デッドスペースを活かした十分な広さの玄関を持つ、土間収納付き分譲住宅を多数取り揃えています。土間収納のある住まいに興味がある方は東栄住宅の物件をぜひチェックしてください。1つ1つこだわりの間取りをご用意している土間収納付プランを是非ご覧ください。

【ブルーミングガーデンとは】暮らしやすさのこだわり5選

耐震等級3のブルーミングガーデン物件検索はこちらから