注文住宅と分譲住宅の違いは?分譲住宅のメリット&デメリット|住宅にまつわるコラム Column

注文住宅と分譲住宅の違いは?分譲住宅のメリット&デメリット

注文住宅と分譲住宅の違いは?分譲住宅のメリット&デメリット

マイホームを購入する方の中には、「注文住宅」と「分譲住宅」のどちらを購入すべきか、迷っている方もいらっしゃるかと思います。

皆さまは、注文住宅と分譲住宅の違いをご存じでしょうか。両者の違いを理解することによって、自分に合う住宅を見つけることが可能です。今回は、分譲住宅のメリットとデメリットをご紹介します。

注文住宅と分譲住宅の違い

注文住宅と分譲住宅の違い

注文住宅」と「分譲住宅」の大きな違いは、一から住宅を建てるか、既に完成している住宅を購入するかです。

「注文住宅」は、購入者自ら土地を購入し、そこに自分の好きな住宅を建てます。分譲住宅と比較して住宅価格は高くなりがちですが、デザインや間取りを自分で決めることが可能なため、家族構成などに合わせてオーダーすることができます。また、建設工程や内部構造を自分の目で確認し、気になったことをその場で聞くことが可能です。

しかし、自分で住宅のデザインや間取りを決めるため、多少専門的な知識を勉強しなくてはなりません。また、土地をお持ちでない場合は土地を見つける必要もあるため、時間と手間がかかります。自分が想像していたイメージと、実際に建った住宅が異なる可能性もあります。住宅の完成まで時間がかかるため、仮住まいを用意する費用と手間がかかることもあるでしょう。

「分譲住宅」は、一般的に、不動産会社が仕入れた土地に新築住宅を建設し、土地と住宅を合わせて販売します。完成している場合もあり、生活のイメージがしやすく、購入から入居までをスピーディーに行うことが可能です。東栄住宅の場合は、建設工程や内部構造を自分の目で確認することも可能です。 以前は、自分の注文を反映させることができる注文住宅が主流でしたが、最近は、比較的値段が手頃な分譲住宅も人気を集めています。

分譲住宅のメリット

分譲住宅のメリット

分譲住宅を購入するメリットは、注文住宅と比較して手頃な値段で購入することができることです。分譲住宅は、設備や建材を大量購入し、複数棟を同時に建設するため、コストを抑えることができます。また、同じ建材を使用し、同時に建設することによって調和のとれたバランスのいい環境になります。

住宅が完成していることや施工例などで確認できるため、住宅価格が明確になっており、資金計画を具体的に立てることが可能です。完成した家を実際に見に行くことができるため、生活のイメージがしやすく購入してから起こりうるリスクは抑えられるでしょう。また、分譲住宅は注文住宅と比較して、購入から入居まで時間がかかりません。近隣の住人と入居時期が重なる場合が多いため、引っ越しに気を使う必要もなく、一から人間関係を作ることができます。

また、分譲住宅は比較的供給棟数が多いため、さまざまな住宅ノウハウにより、暮らしやすさが考慮された住宅になっています。また、年間供給棟数が多い会社になりますとさまざまなプランや立地で選ぶこともできます。同じような仕様を実際に自分の目で確認することもできるため、強いこだわりがなく、自分で間取りやデザインをすることに自信が無い方は、分譲住宅がおすすめです。

分譲住宅のデメリット

分譲住宅のデメリット

分譲住宅は、住宅がすでに完成されている場合もあり、間取りやデザインを自由に変更することができません。自分のこだわりを反映させたい方は、不満を感じるでしょう。

立地や間取りなどが、自分の理想と合致する住宅を見つけることは容易ではないと言われます。分譲住宅は、同じ地区に一斉に住宅が建設されるため、同じ建材が使用されています。そのため、個性を出したい方にはデメリットになるでしょう。

東栄住宅では、単一化されたプランだけでなく、生活を考えた様々なプランをご用意。個性を出しにくいと言われている外観にも力を入れています。是非お客様の目で一度お試しください。

おわりに

分譲住宅は、注文住宅とは違った特徴があります。メリットとデメリットを把握し、自分にあった住宅を選びましょう。

東栄住宅は、長く安心して暮らすことができる住宅作りを心掛けています。手に届く価格の他、高品質の裏付けとなる第三者機関による安全品質チェックを行うことにより、客観的な品質評価を得ています。分譲住宅の購入を考えている方は、ぜひご検討ください。

耐震等級3のブルーミングガーデン物件検索はこちらから