マイホーム購入は、どんなきっかけで決断する人が多いの?|住宅にまつわるコラム Column

マイホーム購入は、どんなきっかけで決断する人が多いの?

マイホーム購入は、どんなきっかけで決断する人が多いの?

マイホーム購入は、どんなきっかけで決断する人が多いの?

住宅の購入を検討されている方にとって、「いつ買えばいいのか」で悩まれる方も少なくないでしょう。 自身の資産に余裕がある時、物件価格が安いとき、住宅ローンの金利が低いとき。住宅を購入しやすいと言われるタイミングはさまざまです。 そうしたなか、実際に住宅を購入してきた先輩方はどのようなタイミングで決断を下してきたのか、見てみましょう。

結婚をきっかけに購入

結婚をきっかけに購入

結婚のタイミングで住宅を購入する方が多いです。 最近では、共働きの夫婦も少なくありませんし、 夫婦で支払う住宅ローン「ペアローン」といった制度が整っていることが影響していることが理由に挙げられます。 特に長期的な返済計画が必要な住宅ローンのことを考慮すると、少しでも返済の苦労を減らすために、 早くても結婚というタイミングでマイホームを購入する決断に至った方もいるようです

子供の出産・成長に合わせて購入

子供の出産・成長に合わせて購入

マイホームを購入してきた方の中には、子供の出産や成長に合わせて購入される方もいます。

子供が産まれたとき

家を購入するタイミングで最も多いとされているのが、子供が生まれたときです。 結婚直後に比べて、家族が一人増えたというという事実から決断したり、 子供の通学といった具体的な将来のプランが見えてきたりといったことが理由になります。

子供が保育園や幼稚園に入園するとき

一般的に住宅の購入の時期で次に多いとされるのが、子供が幼稚園や保育園に入園するタイミングです。 理由としては子供がある程度成長しており、出産を控えた時期よりも比較的動きやすい時期だからだと言えるでしょう。

ただし、前述の結婚の時期や子供が産まれたタイミングと比べると、住宅ローンの開始時期が遅くなってしまうため、 ローンの返済にかけられる年数を把握しておく必要があります。

親と同居生活をきっかけに

自身の環境とは関係なく、マイホームを購入するきっかけとなることがあります。それが、親との同居生活を始めるというきっかけです。 そのような方の中には最近、再度注目を集めている「二世帯住宅」「三世帯住宅」を検討される方も少なくありません。 将来的に親の面倒を見るという考えが頭にある方の場合は、「いつか訪れる親との同居生活まで賃貸料を支払うのではなく、 一緒にローンを返済していったほうが得だ」という考え方もあるようです。 そのため、親が高齢になる前から一緒の住宅に住んでしまおうと、親との同居を始める方も少なくないようです。

賃貸住宅(社宅・アパート)の契約更新など

それまで住んでいたアパートの契約更新や社宅の契約満了をきっかけにマイホームを購入したという方もいらっしゃるようです。 住宅の契約更新は、将来のライフプランを立てるきっかけにもなります。 そうした際に、賃貸料を支払い続けるアパートよりもマイホームに魅力を感じ、住宅購入に至ったという方も少なくありません。 住宅を購入するタイミングやきっかけというのは、人によってさまざまです。

事情はそれぞれあれど、出産や同居によって家族が増えるといった生活に変化をもたらすライフイベントがきっかけになることが多いと言えるでしょう。 マイホームを購入するというのは、人生の大イベントの1つです。だからこそ、しっかりと計画を立て購入する必要があると言えるでしょう。 資産的な面で懸念点を感じられるなら、比較的安く購入できる分譲住宅という手段も、1つの方法かもしれませんね。

物件検索はこちらから